deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1986年 労働者派遣法 専門的13業務
1996年 26業務に拡張(研究開発、広告デザイン、インテリアコーディネーター)
1999年 港湾運送など7業種を除く多くの分野で派遣可能となる。原則自由化。
一般的業務の受け入れは1年。専門的業務は最長3年
派遣禁止業務
1.港湾運送業務、2.建設業務、3.警備業務、4.病院・診療所での医療業務 ( 紹介予定派遣は可 )
5.弁護士、公認会計士、税理士などの士業、6.建築士事務所の管理建築士など、他の法令で禁止されている業務
7.人事労務関係で労使協議の際、経営者側の直接当事者として行う業務


2004年 小泉改革にて製造業にも派遣が認められる。


バナジウム(Vanadium) 原子番号23の元素 元素記号V バナジウム族元素のひとつ

灰色がかった銀白色の金属。遷移金属。
常温、常圧で安定的な体心立方格子構造。
融点1726度、沸点3410度
酸やアルカリ、水には反応しないが、濃硝酸や濃硫酸、フッ酸には溶解する。

主要産出国は南ア、中国、ロシア、アメリカ この4カ国で90%以上を占める。

用途

用途の8割は、製鋼添加剤。
触媒としても重要であり、化学、電気、電子分野でも重要な役割を果たしている。


バナジウム鋼:フェロバナジウムとして添加される。太古のダマスカス鋼からも微量のバナジウムが確認されている。

高張力鋼:高強度低合金鋼と呼ばれ、安価でかつ強靭な鋼として、九層ビルの構造建材や橋梁、貨車、石油パイプライン用の厚板などに用いられる。
工具鋼:スパナやレンチなどの機械用工具、切削工具、対衝撃工具、金型工具などに用いられる。

耐熱鋼:自動車のエンジンバルブ、タービンブレード用の耐熱性ステンレス鋼に用いられる。


合金:鉄鋼系以外の合金は、主にアルミニウムとの合金
チタン合金;航空用途向けに開発。ゴルフクラブのヘッド用として多量に使われていた。ミサイルやジェットエンジン、原子炉や、歯科用インプラントに使用される。

超伝導体:ガリウムとの金属間化合物は最も硬い超伝導体で臨海磁場特性も高い。
実用化はあまり進んでいない。

その他、触媒や顔料・塗料、電子素子、に用いられる。

対日輸出

南ア、中国、オーストラリア、ロシア、アメリカ、チェコ、台湾、韓国

主な産出国

南ア(46%)、中国(30%)、ロシア(23%)、アメリカ(4%)


国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ。

マンガン(manganese) 原子番号25の元素 元素記号Mn
銀白色の金属。遷移元素
融点1244度。
常温、常圧で安定的な構造は立方晶である。
空気中では酸化皮膜を生じ、赤みがかかった灰白色となる。

地球上では比較的豊富に存在するが、単体では産出しない。
軟マンガン鉱、菱マンガン鉱などとして産出される。深海底ではマンガン団塊として存在する。


学校教育における触媒実験では、二酸化マンガンを触媒とする過酸化水素の水・酸素の分解反応が有名。


用途

二酸化マンガンがマンガン乾電池やアルカリ乾電池の陽極に使われている。
また、リチウム電池の負極にも用いられる。

マンガン単体が金属材料として用いられることはほとんどない。
合金としてマンガン鋼の原料や、フェロマンガンとして脱酸素剤、脱硫黄剤などとして用いられる。
鉄鋼用途としても耐摩耗性、耐食性、靭性付加にフェロマンガンやマンガン分が添加される。


人体におけるマンガン

人体に必須の元素。骨の形成や代謝に関係し、消化を助ける働きもある。
不足すると、成長異常や平衡感覚異常、疲れやすくなったり、糖尿病、骨が脆くなったり傷が治りにくくなる。
マンガンは天然水などに含まれ、普通の日常生活においてマンガンが不足することはない。

対日輸出

南ア、中国、オーストラリア、インド、ウクライナ、ガボン

主な産出国

オーストラリア、南ア、ガボン、ウクライナ、ブラジル


国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ。

モリブデン(molybdenum) 原子番号42の元素。元素記号Mo クロム族元素のひとつ。

銀白色の金属(遷移金属)。
常温、乗圧で安定的な体心立方構造。
融点2620度、沸点4650度
高温で酸素やハロゲン元素と反応する。
産出量はアメリカ30%、チリ30%となりこの二国で世界の過半数を産出している。

用途

クロムモリブデン鋼、マンガンモリブデン鋼、ニッケルクロムモリブデン鋼:各種合金鋼の添加元素として利用される。
工業用の潤滑油やエンジンオイルの添加剤に用いられる。二硫化モリブデン
モリブデンの銅の合金は、優れた温度特性と適度な導電性があるため、ハイブリッドカーやロケットの電子基盤に用いられる。

高温域での機械的性質からタングステンより安価であることから持ちいらられることがある。液晶パネル製造ラインでも薄板の使用がある。

対日輸出

チリ、中国、メキシコ、カナダ、アメリカ

主な産出国

アメリカ(28%)、チリ(28%)、中国(19%)、ペルー、カナダ、メキシコなど



国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。