deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード:伝統、インハウスデザイナー、フリーランスデザイナー、デザイン戦略強化、デザイン&ビジネスフォーラム、ユニバーサルデザイン、グッドデザイン賞

概要

デザイン業の市場規模はおよそ2勝3500億円と推計され、GDPに占める割合は約0.5%である。デザインが関係する領域は多岐に渡り、手工芸品。宝飾品から工業製品、ポスター・パッケージ、博物館、展示場などの空間設計なども含まれ、公共的なものとしては観光地などの案内表示も含まれる。

日本には現在約16万人のデザイナーがおり、その内訳は、企業に所属する「インハウス」デザイナーが約9万人、デザイン事業所などに所属し、個別に活動を行う「フリーランス」デザイナーが約7万人である。
また、デザイン事業所のうち、4割強がグラフィックデザインを行う事業所であり、インダストリアルデザインを行う事業所は7%強である。デザイン事業所は小規模なものが多く、9人未満の事業所が全体の9割を占め、そのうち、5人未満の事業所が7割を占める。

具体的分野と事業

⇒物
工業製品:一般機器、情報機器、運送機器、医療機器、日用品など
テキスタイル:布地、カーテン地、壁紙など
ファッション:衣料など
ジュエリー:宝飾品、身辺細貨など
クラフト:鉄、木、漆、土などを用いた食卓用具装飾品など
パッケージ:缶、ボトル、容器、紙袋など

⇒視覚
グラフィック:ポスター、雑誌等の広告、包装紙など
タイボグラフィ:活字の書体など
編集:書籍、雑誌、パンフレットなど
映像:テレビCM,コンピューターグラフィックスなど
ぢスプレイ:ショーウィンドウなど
サイン:標識、看板、シンボルマークなど
イベント:博覧会、展示会などの企画、設計

⇒環境
インテリア:建築物内の空間設計など
ライティング:建築物内の照明、都市景観照明など
環境:建築物を含む外部環境、都市計画、音、光の企画など



強み
伝統、デザイン力


世界に誇る伝統文化の蓄積があり、柄、文様、伝統模様、伝統的古代色などオリジナリティに溢れるデザインを保有している。
日本のデザイン業は、国際的にもデザイン力が高いといわれており、海外の有名な自動車や高級家具などのデザインを日本人が行う例も多数見受けられる。

また、デザイナーの半数以上はインハウスデザイナーであることから、企業が有する高い技術を活かした製品のデザインや将来開発される自社技術にあわせたデザインをいち早く行うことが出来る強みがある。近年ではさらにユニバーサルデザインのような人に優しく、使いやすいデザインに取り組む地方自治体や企業数が増加傾向にある。

弱み
デザイン部門の相対的地位の低さ、教育機関対応


企業内でのデザイン部門の位置づけが低く、技術部門や営業部門の要望が優先される傾向にあり、企業経営者自らがデザインの重要性を認識しつつ取り組んでいくことが必要となってくる。
現在では、デザインに人材や資金を投入して成功している企業も見られる一方で社内でデザイナーを育てる経営的余裕がなくなり、即戦力となるデザイナーを社外に求め縷々ある企業も増加している。それに大して人材を供給する大学などデザイン教育機関における十分な対応がなされていない。

また、フリーランスデザイナーは企業との取引において企業のデザインに対するコスト面などの理解不足から不利な契約や取引を強いられる例も見られ、その是正が必要となっている。


市場展望

現在世界市場の規模は把握されていないが、欧州を中心として、コスト面、品質面での差別化に限界があるとの観点から積極的に戦略的デザイン活用が図られており、付加価値の向上に大きく貢献している。
例えば、産業転換の際にデザイン業を重視した英国ではGDPに占めるデザインの市場規模の割合が日本の0.5%に対して、2.8%と比重が高くなっている。


競争力強化に向けた対応

棄損の企業努力と政策に加えて、より一層の産業の競争力強化、経済の活性化を図るためにはデザインの戦略的強化、経済の活性化を図るためにはデザインの戦略的活用が重要であるが、日本においてデザインの重要性が十分に認識されていないため、デザインの有用性についての理解を進める必要がある。

そのためブランド化を念頭に置いたデザインの創造や活用推進、また人材育成のために角界オピニオンリーダーによって「デザイン&ビジネスフォーラム」が設立され、全国各地でデザインの取り組みを進めるためのシンポジウム、セミナー、企業表彰などを実施している。

また、強みでもある、人にやさしいものづくりを推進するために、人間工学・人間生活工学に関するカリキュラム及び教材開発を行うとともに、製品の設計・開発の基盤となる人体寸法などの人間特性データを整備している。

このように、強みを活かしつつ、デザインの有用性について理解を深めると共にデザイン保護法制の整備、人材育成や下請け慣行の是正など必要な環境整備を進めている。


東アジアなどグローバル戦略

中韓においても、インフラ整備など戦略的なデザイン活用に関する取り組みが積極的に実施されており、有職にデザイン力を向上させている。せこれらの地域の台頭によって競争が激化すると予想される一方、これらの地域のデザインニーズの拡大によって、日本のデザイン業にとっても魅力的な市場が広がると思われる。

そして、世界中に日本のデザインの認知度や優位性を高めることを狙い、2005年度よりグッドデザイン賞(Gマーク)事業の公募範囲を全世界の商品に広げ、中韓企業からの応募も受けている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。