deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1章:製造業のイノベーション創出拠点としての日本の課題と展望

製造業の概況

・製造業の生産は、02年以降回復傾向にあり、企業収益も増益継続。中小企業においても、大企業には遅れをとっているが、改善している。

国際機能分業と製造業のイノベーション創出拠点としての日本の役割

・グローバル化進展の中、アジアを中心とした機能分業を進めている。
組立量産段階に近づくほど特にアジアに分業が進み、研究開発においては、日本が圧倒的中核拠点である。

・日本の部品・材料産業は国際的に高い技術力を誇っており、同時に国際的に競争力の高い製品を産み出している。

・先端製品の開発は、深く、広範な科学的見地からの研究開発が必要とされており、産学官連携などによって、組織や分野を超えた多くの科学的知見の活用が望まれている。

21世紀型ものづくりに向かう日本の製造業の課題と展望

・今後高まる環境・資源・人口問題などの対応をしつつ、国際競争力を維持するための取組みをする必要がある。

・とりわけ、地震のリスクが高い日本においては、災害から部品・材料を保守する具体的な対応策が今後も必要となってくる。

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。