deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のセメント起業

1.ラファージュ (仏)
2.ホルシム (スイス)
3.セメックス (メキシコ)
4.ハイデルベルグ (独)
5.太平洋セメント 
6.イタルチェメンディ (伊)

概況

03年の日本セメント産業の販売数量6874万トンに閉める割合を見ると、生コンクリート62.8%、輸出14.4%、セメント製品11.4%となっている。
世界のセメント需要量は19億3100万トンと推定されており、そのうち、日本では6012万トンとなっている。
国際的にはセメントメジャー5社のラファージュ、ホルシム、セメックス、ハイデルベルグ、イタルチェメンティによる寡占化が進んでいる

国内情勢

公共投資の削減、民間需要の不振により1996年度年率5%を上回る勢いで国内需要量が減少してきた。
セメント産業は1990年以降も生産性の低いキルン(回転窯)の廃棄・休止、流通体制の合理化や廃棄物受け入れの新ビジネスの立ち上げを行った。現在収益性は回復基調にあるが、営業利益率は5%を下回っている状況にあり、海外メーカーに比較すると収益力が劣っている。


強み
技術力

世界でもいち早く工場設備の近代化、省エネ化、廃棄物受入れなどに取組み、トップクラスの技術力を有している。
また、社会的要請の下、他産業や自治体の廃棄物等を積極的に受入れ、セメント原料・熱エネルギーとして再資源化することによって資源循環型社会に貢献している。

弱み
競争・価格決定力


セメント需要の7割を占める生コン業界は、参入障壁が低いため過当競争が生まれやすい。また、価格決定力が弱いことから、価格が低迷し、生コン市況の煽りを受ける形でセメント市況も低迷している。


展望

世界の生産量を国別に見ると、中国、インド、米国、日本、韓国の順となっている。
近年、世界のセメント需要を牽引してきたのはアジアであり、特に90年代は中国、インド、東南アジアが急増した。

課題

余剰生産能力の削減、生産委託、販売提携などによる設備の共同合理化、流通体制の再編、取引方法の見直し、廃棄物受入れ等によって収益率の改善を図っているものの、財務基盤を大幅に改善するまでには至っていない。

アジアでは、セメントメジャーが先行投資を行い、セメントメジャー5社が占める割合は、インドネシア、フィリピン、タイで高比率を占めている。

今後、中国においてセメント産業の近代化と需要の拡大が確実に見込まれており、セメント流通、生コン、コンクリート製品などの川下展開を含め、中国進出の拡大が予想されている。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。