deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード:工作機械、景気変動に相関、アマダ、森精機、オークマ、ジェイテクト、牧野フライス

世界の工作機械産業

1.コマウ (イタリア)
2.ティッセンクルップ (ドイツ)
3.トルンプ (ドイツ)
4.ギルデマイスター (ドイツ)
5.アマダ 6113
6.森精機 6141
7.オークマ 6103
8.アジエ・シャルミー (スイス)
9.ジェイテクト 6473 2006-1豊田工機から会社名変更
10.牧野フライス 6135

概要

工作機械とは、金属などの材料から切削、研削などによって、不要な部分を取り除き、必要な形状に作り上げる機械のこと。金属性部品や金型のほとんどは工作機械で加工されるためマザーマシンとも呼ばれる。

需給動向

1982年以来連続世界一の生産額となっており、また企業の設備投資と強い関連を持つため、景気の変動に大きく影響される。
2003年以降自動車産業の設備投資や大型投資、金型などの生産能力の増強、老朽設備の更新、IT投資の活発化、また、アジア市場の拡大や欧米市場の回復によって近年受注額は急増している。

全体的には、1,2年は内需・外需ともに好調に推移すると予想されるが、韓国・台湾・中国メーカーの台頭、欧州メーカーのアジア進出がはじまっており、一層の競争激化も想定される。



225組み入れ銘柄

機械業
日製鋼、オークマ、コマツ、住友機、クボタ、荏原、日精工、NTN、光洋精、日立造、 三菱重、ダイキン、千代田化工
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。