deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナジウム(Vanadium) 原子番号23の元素 元素記号V バナジウム族元素のひとつ

灰色がかった銀白色の金属。遷移金属。
常温、常圧で安定的な体心立方格子構造。
融点1726度、沸点3410度
酸やアルカリ、水には反応しないが、濃硝酸や濃硫酸、フッ酸には溶解する。

主要産出国は南ア、中国、ロシア、アメリカ この4カ国で90%以上を占める。

用途

用途の8割は、製鋼添加剤。
触媒としても重要であり、化学、電気、電子分野でも重要な役割を果たしている。


バナジウム鋼:フェロバナジウムとして添加される。太古のダマスカス鋼からも微量のバナジウムが確認されている。

高張力鋼:高強度低合金鋼と呼ばれ、安価でかつ強靭な鋼として、九層ビルの構造建材や橋梁、貨車、石油パイプライン用の厚板などに用いられる。
工具鋼:スパナやレンチなどの機械用工具、切削工具、対衝撃工具、金型工具などに用いられる。

耐熱鋼:自動車のエンジンバルブ、タービンブレード用の耐熱性ステンレス鋼に用いられる。


合金:鉄鋼系以外の合金は、主にアルミニウムとの合金
チタン合金;航空用途向けに開発。ゴルフクラブのヘッド用として多量に使われていた。ミサイルやジェットエンジン、原子炉や、歯科用インプラントに使用される。

超伝導体:ガリウムとの金属間化合物は最も硬い超伝導体で臨海磁場特性も高い。
実用化はあまり進んでいない。

その他、触媒や顔料・塗料、電子素子、に用いられる。

対日輸出

南ア、中国、オーストラリア、ロシア、アメリカ、チェコ、台湾、韓国

主な産出国

南ア(46%)、中国(30%)、ロシア(23%)、アメリカ(4%)


国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ。

スポンサーサイト
マンガン(manganese) 原子番号25の元素 元素記号Mn
銀白色の金属。遷移元素
融点1244度。
常温、常圧で安定的な構造は立方晶である。
空気中では酸化皮膜を生じ、赤みがかかった灰白色となる。

地球上では比較的豊富に存在するが、単体では産出しない。
軟マンガン鉱、菱マンガン鉱などとして産出される。深海底ではマンガン団塊として存在する。


学校教育における触媒実験では、二酸化マンガンを触媒とする過酸化水素の水・酸素の分解反応が有名。


用途

二酸化マンガンがマンガン乾電池やアルカリ乾電池の陽極に使われている。
また、リチウム電池の負極にも用いられる。

マンガン単体が金属材料として用いられることはほとんどない。
合金としてマンガン鋼の原料や、フェロマンガンとして脱酸素剤、脱硫黄剤などとして用いられる。
鉄鋼用途としても耐摩耗性、耐食性、靭性付加にフェロマンガンやマンガン分が添加される。


人体におけるマンガン

人体に必須の元素。骨の形成や代謝に関係し、消化を助ける働きもある。
不足すると、成長異常や平衡感覚異常、疲れやすくなったり、糖尿病、骨が脆くなったり傷が治りにくくなる。
マンガンは天然水などに含まれ、普通の日常生活においてマンガンが不足することはない。

対日輸出

南ア、中国、オーストラリア、インド、ウクライナ、ガボン

主な産出国

オーストラリア、南ア、ガボン、ウクライナ、ブラジル


国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ。

モリブデン(molybdenum) 原子番号42の元素。元素記号Mo クロム族元素のひとつ。

銀白色の金属(遷移金属)。
常温、乗圧で安定的な体心立方構造。
融点2620度、沸点4650度
高温で酸素やハロゲン元素と反応する。
産出量はアメリカ30%、チリ30%となりこの二国で世界の過半数を産出している。

用途

クロムモリブデン鋼、マンガンモリブデン鋼、ニッケルクロムモリブデン鋼:各種合金鋼の添加元素として利用される。
工業用の潤滑油やエンジンオイルの添加剤に用いられる。二硫化モリブデン
モリブデンの銅の合金は、優れた温度特性と適度な導電性があるため、ハイブリッドカーやロケットの電子基盤に用いられる。

高温域での機械的性質からタングステンより安価であることから持ちいらられることがある。液晶パネル製造ラインでも薄板の使用がある。

対日輸出

チリ、中国、メキシコ、カナダ、アメリカ

主な産出国

アメリカ(28%)、チリ(28%)、中国(19%)、ペルー、カナダ、メキシコなど



国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ

コバルト(cobalt) 原子番号27の元素 元素記号Co 鉄族元素のひとつ
化学的に安定な六方最密充填構造で強磁性体。
純粋なものは銀白色の金属。
722k以上で面心立方構造に転移する。
鉄より酸化しにくい。酸やアルカリに強い。

コバルトの名前の由来は、ドイツで地の妖精を意味するコボルド(kobold、kobolt)にある。
コバルト鉱物は冶金が難しく、16世紀ドイツではコボルドが抗夫を困らせるために魔法をかけたとされている。

用途

金属としてのコバルト用途はあまりないが、医療分野で重要な役割を果たす。
放射性同位体から用いられ、放射線療法、ガンマ線滅菌、食料照射に利用される。

不純物として混入すると、ガラスが青色になる。
青色顔料としてのコバルトブルーは陶磁器の着色や絵の具に用いられる。
亜鉛の複合酸化物はコバルトグリーンと呼ばれる緑色の顔料になる。
亜硝酸第二 コバルトカリはコバルトイエローと呼ばれる黄色の顔料となる。

切断工具材料として合金に添加されることで需要が増加。
ニッケル・クロム・モリブデン・タングステン、タンタル、ニオブを添加したコバルト合金は高温でも磨耗しにくい。腐食にも強いので、ガスタービンやジェットエンジンなどの装置に用いられる。
溶鉱炉や石油化学コンビナートでもその役割を果たしている。

コバルト・クロム・タングステン(或いはモリブデン)・炭素を使った4元素の合金は、磨耗に強く、表面強化が必要とされる工業分野に利用されはじめている。

近年応用が期待されており、研究が進展している。

対日輸出

フィンランド、カナダ、オーストラリア、ベルギー、ザンビア、ノルウェー

主な産出国

コンゴ、ザンビア、カナダ、ロシア


国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ。

タングステン(tungsten) 原子番号74 元素記号W クロム族元素

化学的に安定的で、体心立方構造をもつ。
融点約3400度 沸点5000度以上
金属のうちでは最も融点が高く、比較的大きい電気抵抗を持つので、電球のフィラメントとして利用される。金との比重が近いことから、金の延べ棒の偽造に用いられたことがある。


用途

タングステン合金や炭化タングステンは非常に硬度が高いため、高級切削用工具に用いられる。
比重が大きく高い硬度を持つため、砲弾や、徹甲弾に用いられる。
狩猟用の散弾銃の鉛弾や釣りのおもりに代わる代用品としても注目されるが、コスト・加工上の理由が実用化は進んでいない。タングステン鋼としても利用される。

ダーツのバレル素材
反物質生成実験素材
ドリルなどの高速度鋼
解剖用具の材料
指輪などのアクセサリー素材
など

産地

中国(世界の産出量の88%)、ロシア(6%)、カナダ、オーストリア

国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ

対日輸出

中国(87%)、アメリカ(3%)、ドイツ、オーストリア


産出量、対日輸出ともに、第一位と第二位の格差が非常に大きい。ほぼ中国からの輸入に頼っている状態。

クロム(chromium) 原子番号24の元素。元素記号Cr

銀白色の金属で、融点 摂氏1903度 沸点 摂氏2200度
常温、乗圧で安定的な結晶構造で、体心立方構造。
表面は酸化皮膜に覆われ、不動態を形成するのでさびにくく、クロムめっきとして鉄のめっきによく用いられる。
クロムに1%程度のマンガンを混ぜると反強磁性金属となる。

1797年ルイ=ニコラ・ヴォークランによって紅鉛鉱から発見された。
ルビーが赤いこと、エメラルドが緑色であるのは、クロムが不純物として混在してるからということを発見した。

用途


ステンレス鋼: 鉄、ニッケルと10.5%以上のクロムを含む合金(フェロクロム)のこと。
ほぼ錆を生じないので、車両や機械といった重工業製品から流し台、包丁などの台所用品などに用いられる。

クロムは日本国内において産業上重要性が高いが、産出地の偏りから供給構造が不安定である。

国家備蓄が必要な7鉱種のひとつ

対日輸出

南ア、カザスフタン、ジンバブエ、インド

原子番号28 元素記号Ni
耐食性が高く、鉄よりは弱いが強磁性体である。

用途


ステンレス鋼、硬貨など

日本の50円硬貨、100円硬貨は銅とニッケルの合金である白銅貨として用いられている。

パーマロイ:ニッケルと鉄にモリブデン、クロムを加えた合金こと。
軟磁性に優れており、鉄心や磁気ヘッドに用いられる。

インバー:ニッケル36%、鉄64%の合金 熱膨張率が小さい
エリンバー:ニッケル36%、鉄52%、コバルト12%の合金 温度による弾性率の変化が小さい 機械式時計などの精密機械に用いられる。
インコネル:ニッケルベースの合金 タービン用コンプレッサ材料など
ニッケル・水素蓄電池
ニッケル・カドミウム蓄電池などの二次電池の正極に用いられる。
ニチノール(形状記憶合金):チタン50%、ニッケル50%
白銅
洋白
ステンレス鋼
ホワイトゴールド
コンスタンタン


主な産地

カナダ、ニューカレドニア、ロシア、オーストラリアなど
対日輸出比の多い国

インドネシア、フィリピン、オーストラリア、ニューカレドニア

参考サイト

ニッケル詳細
wikipedia


レアメタルとは、地球上の存在量が希少である、または技術的・経済的な理由で抽出困難である鉱種等を指す。

鉱業審議会レアメタル総合対策特別小委員会において、現在工業的需要があり、今後も需要があるものと、今後の技術革新に伴って新たな工業用需要が予測されるものに限定した31鉱種をレアメタルとして定義している。
※レアアースは17鉱種を総括して1鉱種としている。

レアメタルは、その様々な特性によって極めて重要役割を持っている。
製品中の含有量こそ少量であれ、IT,自動車産業など幅広く利用されている。
このように日本の産業競争力の基盤となっているが、近年エマージング諸国を中心としたレアメタルの消費拡大とともに価格が上昇傾向にある。


レアメタルの供給はベースメタルと比較して、希少性や偏在性が強いといった特徴を有する上に、高性能モーターで使用されるレアアース、自動車の排ガス浄化触媒で使用されるプラチナ等、この10年で特定の輸入相手国への依存度が上昇している。
そのため産出国の状況や代替可能性の低さなど様々な要因によって需給逼迫や供給障害が発生するリスクが存在する。

そのためのレアメタル対策として、安定調達体制の構築、代替資源・材料の開発などが挙げられている。


今後環境制約によってハイブリッド車や太陽電池などは世界的に需要が高まることが見込まれており、日本の製品において国際競争力を有するためには、レアメタルの供給を絶やさないよう尽くす必要がある。
そのため、官民ともに資源保有国との関係強化、探鉱開発などを進め、3R(擦り合わせロス削減、リサイクル)など、レアメタル使用量を削減する生産活動へ進展することが急務となる。


種別世界消費量日本の消費世界シェア
ニッケル1396千MT13.1%
クロム4695千MT11.4%
コバルト55200MT25.4%
モリブデン193412MT15.9%
ストロンチウム275MT20.1%
プラチナ211MT16.8%
パラジウム206MT25.1%
チタン102500千MT21.5%
ガリウム234MT71.8%
インジウム354MT60.1%


希少金属備蓄部

その他参考WEBサイト

レアメタル(希少金属)とは

雇用情勢


■2008年前半

完全失業率は2003年4月に過去最高に並ぶ5.5%を記録した後に序所に低下し、2007年は2.6~4.0%推移となった。年平均で3.9%と前年比低下となる。

完全失業者数も2002年8月に過去最高となる367万人を記録した後、2003年半ばまでほぼ横ばい推移、2004年以降減少傾向にあり、2008年3月には225万人となっている。

全産業新規求人数は、200年以降増加傾向であったが、2007年は現象に転じている。
製造業における新規求人数は、01年02年減少、03年~06年は増加していたが、07年は前年に比べて9.3%減少となった。

有効求人倍数は上昇し、2005年12月には1.01倍となり13年ぶりに1倍台に回復し、2007年12月に0.98倍となった。雇用情勢の改善が進行せず、厳しい状況が継続している地域の差がある。

職業別の有効求人倍率では、専門的・技術的職業の有効求人倍率は、2008年3月において職業計に比べて0.87ポイント高まっている。
その内、機械・電気技術者の有効求人倍率は3.34倍、情報処理技術者は3.12倍と高い水準にある。
また、生産工程・労務関係の有効求人倍率は0.88倍と、職業計の0.08ポイントを下回っている。


求人・求職のミスマッチ


日本労働研究機構「中高生の職業認知」によると、「若年層は職業のイメージの範囲が狭く、マスメディアを通じて目にする職業を希望する傾向がある」という指摘もなされている。
2007年10月の雇用対策法改正による年齢制限禁止の義務化の影響により、9割強の求人が年齢不問となっているため、特定の年齢層の求人求職状況を比較するには注意が必要となる。

29歳以下の若年者の職業別求人求職状況では、事務的職業にういて、有効求職者数が18万6千人であるのに対し、有効求人数は6万6千人であり、有効求人倍数が0.35倍となっている。

職種有効求職者数有効求人数有効求人倍率
事務的職業18万6千人6万6千人0.35倍
生産工程・労務13万5千人16万人1.19倍
専門的・技術的職業8万7千人14万4千人1.66倍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。