deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の化合繊維産業

1.帝人 3401
2.東レ 3402
3.東洋紡績 3101
4.カネボウ(上場廃止)
5.ユニチカ 3103
6.クラレ 3405
7.旭化成 3407
8.三菱レイヨン 3404

特徴

繊維産業、繊維製造業は雇用者47万人で製造業全体の約6%、付加価値額2.5兆円で製造業全体の約2.6%と今もって一大産業である。
域内製造業割合としては、石川・福井で13.8%、大阪南部で16.2%、岡山で6.3%など産地性が高く、これらの地域では地域経済で大きな影響力を有している。
日本の繊維市場では、中国からの輸入品が大きな位置を占めているが、数量ベースに比べ金額ベースの輸入浸透率は大幅に低い。金額では、約50%が国内の生産品を占めている。

問題点

衣料用途の場合、通常小売段階と製造段階が分断されているため、小売のユーザーニーズに関する情報が製造段階に伝わらず、返品などの商慣行を背景に精緻な売上情報に基づいて製造への発注がなされることもない。
このため、他産業で通常行われているレベルの在庫管理などの生産管理や、企画・開発を行うことが困難となっている。在庫がコストと意識されないなどの問題がある。

展望

日本の背に産業の有する技術力、デザイン力は世界有数であり、生産や流通のロスを大幅に削減しつつ、技術・デザインなどを活用したコストパフォーマンスの良い商品を開発・生産・販売する構造となれば、国際競争力を持つ発揮できる大きな可能性がある。
業界の構造改革が必須。

グローバル戦略

2004年末の繊維協定失効に伴う繊維貿易の自由化に伴い、中国・インドなどの繊維強国の欧米への輸出が増加傾向にある。
中国の有望視。日本の繊維産業が得意とする高付加価値製品への需要拡大が見込まれる。また、米国では環境に配慮した繊維製品が高く評価される傾向にある。
また、中国一極集中にはリスクもあるため、ASEAN諸国などにも生産拠点を置くなど、リスクの分散を図る必要があると考えられる。


○225組入れ銘柄
繊維業
東洋紡、ユニチカ、日清紡、帝人、東レ、三菱レイヨン、クラレ、日東紡績、三井化学

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。