deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●世界航空機関連企業の再編
【アメリカ】
ボーイング←ボーイング+マクドネル・ダグラス(+ロックウェル+ヒューズなど)

ロッキード・マーチン←ロッキード+マーチン・マエリッタ(+ジェネラル・ダイナミックス+ロラール等)

ノースロップ・グラマン←ノースロップ+グラマン(+ウェスティングハウス+リットン等)

レイセオン←レイセオン+ビーチ(+テキサス・インスツルメンツ+ヒューズ+BAe)

【ヨーロッパ】
エアバス
 *BAeシステムズ←BAe+サーブ+マルコーニ
 *EADS←アエロスパシアル(仏)+マトラ(仏)+ダッソー(仏)
      ←DASA(独)
      ←CASA(スペイン)

フィンメカニカ←アレニア(伊)+アグスタ(伊)

アグスタウエストランド←アグスタ(伊:ヘリ部門)+ウエストランド(英)


補足:ちょっと航空機産業はたいへんなので後々追記。

スポンサーサイト
○世界の自動車産業(データが古い

1.GM (米)
2.Daimler Chrysler (米・独:ダイムラークライスラー)
3.Ford (米:フォード)
4.トヨタ
5.VW (独:フォルクスワーゲン)
6.日産
7.ホンダ
8.PSA (仏)
9.BMW (独)
10.Renault (仏)
11.マツダ
12.Fiat (伊)     (05年METIより)

市況

排出ガス規制により、商用車の需要が一巡したが、新型車の市場投入によって普通乗用車の販売台数が増加している。
また、米国やアジアなどの海外販売は好調で、各社とも堅調に推移している。

強み

自動車産業において、生産システム・管理システムが優れており、製品開発における生産性が高く、さらなる向上によって新たな付加価値、コスト削減を生み出している。
また、環境関連技術にも秀でハイブリッド車については欧米に圧倒的な技術優位に立つ。


のち再編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。