deepmarket

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード:油圧ショベル、コマツ、日立建機、公共事業縮減

世界の建設機械企業

1.キャタピラー (アメリカ)
2.コマツ 6301
3.日立建機 6305
4.VOLVOグループ (スイス)
5.CHNグローバル (オランダ)
6.ディア (アメリカ)

概要

建設機械とは、土木・建設業等において土砂の掘削、運搬などを行う機械であり、トラクタ、油圧ショベル、建設用クレーン、道路機械、高所作業車など用途に応じて様々な建設機械に分類される。

特徴

日本では、工事作業場が狭いことから比較的場所をとらずに1台で様々な作業を行うことができる建設機械の需要が高く、油圧ショベルに関する技術が発達した。一方米国では広い場所での工事が多いことからトラクタに関する技術が発達した。
また、アイチコーポレーション(高所作業車)、酒井重工業(締固機械)、タダノ(ラフテレーンクレン、トラッククレーン)などの特定分野に強い企業が存在する。

以前は欧米からの技術供与を受けることが多かったが、最近では、国内メーカーが海外メーカーに技術供与する形の提携に変わってきている。

リスクファクター
国内の公共事業の縮減により建設投資が近年減少傾向にある。また、市場縮小により、既存メーカーの競争が激化しているため、メーカー間の価格競争は依然として厳しい状況にある。

展望

技術面では、これまでの省エネ対策、耐久性向上などに加え、排出ガス規制、騒音対策、安全対策などが求められてきており、これらの課題を炊く実に解決していくことが、世界市場での競争力強化につながるだろう。
中国を中心とするアジア市場は、有望な市場であり、油圧ショベル分野を中心として性能面から日本製品の評価が高い。しかし、他国の低価格製品の輸出が増加しており、日本としては最適な生産体制の構築、アフターサービスの充実など東アジアを中心とした市場拡大・確保に取り組んでいく必要がある。


225組入れ銘柄
・機械
日製鋼、オークマ、コマツ、住友機、クボタ、荏原、日精工、NTN、光洋精、日立造、 三菱重、ダイキン、千代田化工

コマツ 建設機械の国内最大手。海外展開も積極的。半導体材料も。
日立建機 油圧ショベルを軸に国内2位。建機フルライン化を推進。

スポンサーサイト
キーワード:工作機械、景気変動に相関、アマダ、森精機、オークマ、ジェイテクト、牧野フライス

世界の工作機械産業

1.コマウ (イタリア)
2.ティッセンクルップ (ドイツ)
3.トルンプ (ドイツ)
4.ギルデマイスター (ドイツ)
5.アマダ 6113
6.森精機 6141
7.オークマ 6103
8.アジエ・シャルミー (スイス)
9.ジェイテクト 6473 2006-1豊田工機から会社名変更
10.牧野フライス 6135

概要

工作機械とは、金属などの材料から切削、研削などによって、不要な部分を取り除き、必要な形状に作り上げる機械のこと。金属性部品や金型のほとんどは工作機械で加工されるためマザーマシンとも呼ばれる。

需給動向

1982年以来連続世界一の生産額となっており、また企業の設備投資と強い関連を持つため、景気の変動に大きく影響される。
2003年以降自動車産業の設備投資や大型投資、金型などの生産能力の増強、老朽設備の更新、IT投資の活発化、また、アジア市場の拡大や欧米市場の回復によって近年受注額は急増している。

全体的には、1,2年は内需・外需ともに好調に推移すると予想されるが、韓国・台湾・中国メーカーの台頭、欧州メーカーのアジア進出がはじまっており、一層の競争激化も想定される。



225組み入れ銘柄

機械業
日製鋼、オークマ、コマツ、住友機、クボタ、荏原、日精工、NTN、光洋精、日立造、 三菱重、ダイキン、千代田化工

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。